【CouchSurfingを始める前に!】Googleアカウントの複製方法【ひたすらシンプルに解説】

【CouchSurfingを始める前に読んでください!】Googleアカウントの複製方法【ひたすらシンプルに解説】 Couchsurfingの使い方

こんにちは、Senaです!

今回はCouchSurfingを始めてみようかな・・・と考え始めている方へ、登録する前に必ず注意しておいてほしい事を書きます。

CouchSurfingって何?という方はこちらから。
【宿泊費タダ?】CouchSurfing(カウチサーフィン)とは?必要な英語力はどの程度?

なぜアカウントの複製が必要か?

【CouchSurfingを始める前に読んでください!】Googleアカウントの複製方法【ひたすらシンプルに解説】

あまり知られていませんが、実はCouchSurfingは一度登録するとアカウントを削除できません。

完全に削除はできませんが、アカウントを「凍結」することならできます。凍結すればメールなども来なくなるし、実質「削除」と同じなんですが、両者の根本的な違いは「アカウントを復活できるか否か」です。

アカウント凍結の方法はこちら→ 【保存版】CouchSurfing(カウチサーフィン)の始め方6【アカウント凍結、凍結解除の方法】

要はCouchSurfingの運営がユーザーにいつでも帰ってきてもらえるように、完全な削除ではなく「凍結」という形を取っていると見えます。

まぁでも、「辞めても残ってる」というのはどうもすっきりしません。なにより始める前にこういった事を知るのは難しいです。知らずに始めて、途中で知るというのはなんだか気分悪いですよね。

なので、ひとつの解決策というか見切りのつけ方として、「Googleアカウントの捨て垢を利用する」という方法をご紹介させて頂きます。簡単に言うとGoogleの捨て垢で登録しておいて、CouchSurfingを辞める時はGoogleアカウントごと削除してしまえ!というわけです。

別に削除できなくても、凍結で構わんよ!という方は今回スルーでOKです。

では、早速本題に入ります。

Googleアカウントの複製!まずはGoogleのトップページへ

【CouchSurfingを始める前に読んでください!】Googleアカウントの複製方法【ひたすらシンプルに解説】

画面右上のマーク(ログアウト時は「ログイン」の文字)をクリック。

アカウント作成」をクリック。

【CouchSurfingを始める前に読んでください!】Googleアカウントの複製方法【ひたすらシンプルに解説】

別のアカウントを使用」をクリック

【CouchSurfingを始める前に読んでください!】Googleアカウントの複製方法【ひたすらシンプルに解説】

アカウントを作成」をクリック

【CouchSurfingを始める前に読んでください!】Googleアカウントの複製方法【ひたすらシンプルに解説】

自分用」をクリック

【CouchSurfingを始める前に読んでください!】Googleアカウントの複製方法【ひたすらシンプルに解説】

ユーザー名(メールアドレスの前半部分)、パスワードを決めて入力。姓や名は本名でなくても構いません。

パスワードはアカウント削除に必要なので、控えておきましょう。

第2のアカウントとしては、姓・名を本アカと分けた方が管理しやすいです!

次へ」をクリック。

【CouchSurfingを始める前に読んでください!】Googleアカウントの複製方法【ひたすらシンプルに解説】

電話番号、メールアドレスの入力は省いてもOKです。ただし生年月日性別は入力しないと次へ進めません。

【CouchSurfingを始める前に読んでください!】Googleアカウントの複製方法【ひたすらシンプルに解説】

利用規約に「同意する」をクリックしたら、アカウント作成は完了です。スクロールバーを一番下まで移動させると「同意する」ボタンがクリックできるようになります。

おめでとうございます!これでCouchSurfingを辞めたくなったら、Googleアカウントごと闇に葬れます。

さいごに

やっぱり何事もきちんと把握して、納得した上で始めたいですよね。

私自身がそういうの嫌いなので、せっかくCouchSurfingを始めようと思ってくれている人が後から嫌な思いをしないよう、今回この記事を書くことにしました。

あと、「いつでも辞められる!」という状態は心の安心にすごく繋がるので、新規ユーザーが安心してCouchSurfingを始められるように、という意味も込めたつもりです。

内容をきちんと把握して、CouchSurfingを楽しんでくださいね~^^ノシ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました