【カウチサーフィン体験談】イタリア人チャリダーをホストした話

【カウチサーフィン体験談】 イタリア人チャリダーをホストした話 体験記&学び

こんにちは!Senaです。

今日はイタリアからのお客様。彼の名前はフランシスコ。

謎の眼鏡シンクロw

彼は日本中を自転車で旅している途中でした。毎日汗をびっしょりかくにもかかわらず、シャワーを浴びる機会もあまりないそうです。どうりで最初にハグされた時、なかなか芳醇なスメルが・・・。

自転車はどこで調達したの?雨の日はどうしてるの?

彼曰く、中国で購入した箱入りの自転車パーツ一式を持って日本へ上陸。

上陸後、1人でそれを組み立てたそうです。

なんつーか、パワーあるよね。
ちなみに日本では自転車をそのまま電車やバスに載せるのは禁止みたい。

日本の公共交通機関には、サイクルトレインを除いて、走行可能な形状(完成車)のまま自転車を持ち込めないため、分解し、専用の輪行袋に収納して持ち込む。

出典:輪行 『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
最終更新 2018年8月6日 (月) 13:33 URL: http://ja.wikipedia.org

なので雨の日は電車やバスで移動できればいいんだけど、話を聞くと簡単に分解できる感じじゃないらしいです。天候によってはまったく移動できない日もあるんだとか。

晴れていれば1日で100kmくらいは移動できるんだって。

だけど急ぎの旅でもないしね~。のんびり行くよ。

今は北海道を目指しているんだそうです。日本には12月まで滞在予定!

山口県名物・瓦そば(瓦抜き)

日本っぽいものをごちそうしてほしい。特別な物じゃなくていいからさ

ということだったので、あえてちょっと特殊なものを作りました(笑)

九州に住んでた頃によく作って食べてた瓦そば。ちょうど業務スーパーで茶そばが売ってたので、今回作ることにしました^^

先にシャワー浴びてていいよ!って言ったのですが、手伝う!と言って聞かなかったので、ホットプレート係に任命しました。ホットプレートに載せた麺を、焦がさないように混ぜる係です。重要です。

油を敷いて温めたホットプレートに、軽く湯がいた茶そばを投入!具材は別に炒めてトッピング。

濃い目の麺つゆに氷を入れて、底に少し焦げ目がついてパリパリになった麺を入れてすすります。

うーん、うまし。うまし。

寝床はいつもこんな感じ

そういえばお見せしたことはなかったのですが、カウチサーフィンの時の寝床はいつもこんな感じです。

キッチンとリビングしかないので、リビングで一緒に雑魚寝です。ちなみにこのリビングは9.3帖。

男女関係なし!(笑)布団は2枚あるから心配いりません。

カウチサーフィンでの寝床については以下の記事に詳しく書いておりますのでご参照下さい。

だけど次引っ越すとなったら、もう1部屋欲しいなぁ。

というわけで、旅のお方と一宿一飯をシェアしたお話でした。

もちろん、寝る前にシャワーは浴びてもらいました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました